記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓋札道中記②八幡浜・みなとオアシスみなっと

宇和島を出発し、伊予路を北上。目指すは港町・八幡浜です。松山自動車道からも外れているので目的がないとなかなか行かない土地なのですが、ここにマンホールカード第4弾の1つがラインナップされとるのですよ。この機会に行くしかないじゃないですか。

しかし八幡浜のカード…。

ピクトグラム 

要素多すぎじゃないですか?

マンホールカードにはデザインの内容を反映したピクトグラムが掲載されているのですが、八幡浜のカードには8つものピクトグラムが当てはまるらしいんですね。さっき行った宇和島のカードなんて『祭り』の一種類だけですよ?8つて!何が八幡浜にはそんなに盛り沢山なのか?

そんなわけで着きました「みなとオアシス八幡浜みなっと」。要するにここも「道の駅」ですね。宇和島と同じく海に面したロケーションの良い土地ですが、到着してすぐに目を引くのが…。

広~い芝生 

このひろ~~い芝生広場。野外音楽フェスとか、お笑いウルトラクイズの◯✕爆破クイズとか、なんでも出来ちゃいそうなスペースです。海の近くにこんな広い芝生、気持ちがいいですな。


風でなかなか上手く撮れねえ 

さてカードを配布しているのはこちらの交流館。要するに案内所です。そしてなんと入り口には「マンホールカード配布中」の幟が立っておるではないですか!マンホールカードの配布場所はこうした観光について案内してくれる人や資料が揃っている所が多いので、旅の最初に訪れてプランを立てるのにも適しておりますな。


八幡浜 

デザインの好み ★★★
周辺観光充実度 ★★
駐車場スペース ★★★★★
総合入手難易度 ★★★

※全て私の主観です

無事、八幡浜のマンホールカードをGETでございます。この、裸の王様みたいなのは八幡浜の名物であるちゃんぽんを広めるために誕生したゆるキャラであるはまぽんと仰せられるそうです。傍らのが特産品のかまぼこをモチーフにしたかまワンちゃん、背景に描かれてるのは海、みかん山、トロール船、鯛…そりゃピクトグラム8つにもなるわなというてんこ盛り状態。


いたるところに 

八幡浜そのものがなかなか遠いのですが、配布場所の駐車スペースは十分ですし、なんといっても年末年始以外の午前9時~午後6時にいつでも配布してくれるのがいいですね。そういうわけで総合入手難易度は★3としました。

さて、賑やかな八幡浜マンホールカードの図柄でもパッと見「なんだこれ?」と目を引くのが…。

飛行器 

こちらの飛行物体。これ、飛行器といいまして、実は八幡浜は日本の航空機開発の父と言われる二宮忠八の出身地だったんですな。実はこの方、香川県とも縁の深い人でありまして、「二宮忠八記念館」は彼が陸軍時代に「カラス型飛行器」を着想した場所である香川県に建っているのですよ。

いや、なかなかこういう意外な結びつきを実感することって無いので、カードの絵柄もバカにできないじゃないですか。マンホールカードのコンセプトは「その土地のパンフレット」らしいですが、十分に効果を発揮していると思いますよ。

「交流館の裏にデザインの元になったマンホールがあるのでぜひご覧になってください」と職員の方に教えていただき、現物も確認できましたぞ。


きれいな歩道でしたよ 

八幡浜、滞在時間は短くて道の駅をぶらぶらしただけだったんですけど、山の幸・海の幸に恵まれた素敵な場所でございました。


さあ時間もあまり無いので松山市に急ぎますか。




KING 

ちゃんぽん食っていかねえのか?

お…お許し下さいKING!次回は必ず!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。