記事一覧

蓋札道中記④観音寺・観音寺市役所下水道課

さてさて四国の西半分をぐる~っと回ってマンホールカードを集めてきた車の旅もそろそろ終わり。松山市から香川県への帰路でございます。本来ならこの行程で新居浜市の「あかがねミュージアム」へ寄れば、太鼓台の龍をモチーフにしたカッコいい1枚を手に入れることができるのですが…。残念ながら月曜日なので休館。また今度の機会に出直すとしましょう。

では、松山~香川間の東予地方でどこか観光地はないだろうか?パッと思いつくのはマイントピア別子なのですが、今回私が行きたいのは洋のマチュ・ピチュではなく…。


4-1.jpg 

西条のビール工場!


アサヒビールの四国工場が随時見学を募集しておりまして、最後に試飲をさせてくれるんですよね。そりゃあもう、この行程なら久しぶりに(実は三度目くらい)突撃するしかないじゃないですか。そういうビールクズ精神全開で行ってまいりました。

4-3.jpg 

ビールの香りの要、ホップなんかも触れます。


4-9.jpg 

いつ来ても巨大な施設に圧倒されますが、それよりなにより見学の間は「ビール飲みたいゲージ」をひたすら溜める時間なんですよね。同じ見学の回の人たちでも「早く試飲をやりたい人」と「そうでない人」の温度差がビンビン伝わってきます。


一時間程度の見学が終わって、いざ、試飲!

trg3tg4g.jpg 

なにこの液体 超うまい

出来たてをホールでいただけます。まさに至福の時。ちなみに飲めるのは「20分程度で三杯まで」と一応ルールが定められています。まあ、ウワバミみてーな人もいるでしょうからね…。

てなわで大満足して帰路に…つきませぬ。

この旅最後の目的地は在住県の西端にあるのです。


それは観音寺市。

言わずと知れた砂浜の銭形で有名な街です。ここでもマンホールカードは発行されているのですが、なにしろ「市役所下水道課に平日来い」というハードルの高い条件のため、いまだに貰いに行ってなかったのです。しかし本日は月曜日。このチャンスに行かないでいつ行きますか。

そんなわけでずいぶんと久々に観音寺市へとやって来たわけですが…。


4-8.jpg 

市役所が超キレイ。

どうやら平成27年に建て替えたばっかりのようで、驚くほどピッカピカの建物でした。やるな観音寺市。どんどんキレイにしたらええねん。銭形の街なんだから銭は使うてなんぼでっせ。

さてエレベーターを使って下水道課へ行きますと、おや…。


4-4.jpg 

なんと、マンホールのディスプレイがデデーンと置いてあるではないですか。上の額縁に治まっているのはマンホール柄のピンバッジです。PRに力を入れておりますなぁ。



4-5.jpg 

角度的にマンホールの柄が見えにくいのでフラッシュ焚いてもう一枚。ほんと下水道課の真ん前に飾ってあるので、ずいぶんと目立ちます。



4-9 

デザインの好み ★★★★★
周辺観光充実度 ★★
駐車場スペース ★★★
総合入手難易度 ★★★

※全て私の主観です

そして無事、マンホールカードをGET。しかしこのデザインは…まあ地元の県という贔屓目もありますけど、

良いですなぁ~。

実に良い。寛永通宝そのものが丸いわけですから、これをマンホールのデザインにしないでどうするって感じの「必然性」がビンビン伝わってきます。

そんなわけでデザインは★5つ。カラーでないマンホールデザインとしては最高峰なのでは?と個人的には思ってしまいます。駐車場スペースは市役所なので狭いかと思ったのですが、今回はすんなり停められました。銭形砂絵は山頂まで車で行けるので便利ですが、電車で訪れた人はタクシーを使わないとやや厳しいかと思います。


4-6.jpg 

帰り際、妻がこちらに来たら絶対に買うという「銘菓・観音寺」を購入。

4-7.jpg 

ほんのり洋風な饅頭です。これも思い切って丸型にしちゃえばいいのにな…。

そんなわけで、旅の締めくくりとして大満足で観音寺を後にいたしました。マンホールカード、どこも手渡しの時に気持ちのいい対応をしてもらえますし、本当に良い企画ですな。



スポンサーサイト