記事一覧

シン・ゴジラ と えなりかずき【ネタバレ注意】

シン・ゴジラ二回目観に行ってきました。あんまり映画館で映画観ない奴なんで、こんなこと滅多にありません。よっぽど衝撃が強かったんでしょう。なので二回目は内容を知っている分、リラックスして映画の細部まで十分に楽しむことが出来ました。あの情報量の詰め込み方なんで、やっぱり「好き」と思った人は2回も3回も観ちゃうんだろうなーと。

既にもうネットではシン・ゴジラ評が溢れてる状態ですが、評者ごとに視点が異なってるのが面白いですね。いろいろ語りたくて堪らなくなるんだけど、語っていくうちに、なんだが自分のことを話しだしてしまう、自分の価値観が前面に出てきてしまう、そういう作品だと思います。まさに、庵野監督の掌の上…てな感じでしょうか。

なので私もひとつ、この映画が目指したものは何なのか、一体どういったテーマなのかということを、「答えはない」と知りつつ、自分のためにつらつらと書いておきたいと思います。なるべく長くならないように…。

二回目観てあらためて思ったんですけど、笑えるシーンが結構多いですよね。御用学者のルックスみたいなマニアックなネタは勿論ですけど、会議の掛け合いもギャグ要素強いし、「以下略」とかの画面上演出も楽しい。しかし一番大きいのはアレだと思うんですよ。

巨大不明生物が上陸して被害が拡大、戦後初の防衛出動が発令され、自衛隊のヘリが怪獣への射撃を開始しようとする。しかし逃げ遅れた住民がいたため、攻撃は中止。「自衛隊の弾を国民に向けるわけにはいかない!」

ものすごく緊迫感のあるシーンです。

絶対何も考えてない

でも対象物こいつなんだよね(笑)

いや迫力はありますよ。でも「なんじゃこれは」っていうインパクトが上回るゴジラの第二、第三形態。シリアスな展開なら最終形態まで段々と強くなっていくような造形でいいと思うんですが、「蒲田くん」「品川くん」とか愛称つけられちゃうキモカワフォルム。これ「シン・ゴジラ」じゃないと出来ないでしょ。

初見で私、ツイッターの方に「シン・ゴジラはオーケストラだ」ってツイートを流したんですけど、それは「深く考えずに演奏に流されていきゃ気持ちいい」って意味だったんですけど、二回目観て「別の意味でオーケストラだな」と思ったんですね。つまり、何かの要素が突出しているわけではない。シリアスもユーモアも、同じように共存している。

等価なんですよね全ての要素が。主人公だって大活躍はしない調整型だし、ゴジラを巡る群像劇といっていい。後半に核攻撃のカウントダウンが始まることでその是非が問われていきますが、だからといってメッセージ性がそれほど強いわけでもない。震災を経た被害描写、日本と日本人論、法律と自衛隊、世界情勢…みんな出てきますが、どれが軸になってるわけでもない。

そして飛び交う早口の長台詞と、無線通信の「送れ」と、平成明朝体W9のテロップ。どれも一つ一つ意味を追ってる暇なんてない。目指しているのは全体のケレン味であって、どこかがフォーカスされていくことは最後までない。

要するにどういう世界が描きたかったかというと…。



えなりかずき31歳


混沌じゃないか?


結果としての混沌ではなく、目指された混沌。ストーリーは一つに集約されて収まりますが、提示されたものは混沌。これを気持ちいいと感じるか居心地が悪いと感じるか、かなりはっきり分かれると思います。「◯◯が描かれてない」という不満を漏らす人が結構いるのは、おそらくこのあたりに原因があるのでしょう。

シン・ゴジラは王道ではない。ぶっちゃけカルト的な面白さです。説明しないことで溢れている。だから「わからない」「理解できない」「眠い」「つまらない」という人が出るのも当然。わかるから偉いってわけでもない。「王道」を求めるのは娯楽的欲求として正しいんだから。

でも、こういうゴジラがあってもいい。
いやむしろ誕生したことが嬉しい。

「私は好きにした、君らも好きにしろ」という劇中の象徴的な台詞が全てを表していると思います。この作品は新しいゴジラのスタンダードになるようなものではない。誰もが楽しめるものでもない。けれども、自分が面白いと感じる、自分の好きな世界を作った。観客のあなたも、次代のクリエーターも、その道は時に困難だろうけど「好き」なものを目指せばよい。

そういう意味で観客および世間の反応を信じるという「シン・ゴジラ」であると私は解釈しました。

いや、好きですよ、シン・ゴジラ。最高じゃないですか。
そしてその時代ごとの王道を走ってきたゴジラも大好きです。

次に私たちは何を観たいでしょうか。どんなものを作りたいでしょうか。SNSで衝突したり、企画がダメになったり、いろいろと「好き」を通すのは難しいかもしれません。しかし焦らず怒らず余裕を持って自分の中の「好き」と付き合っていけばいいんじゃないか…。怖くて斬新でキモかわいいゴジラの暴れっぷりを見つつ、そんなことを思いました。






スポンサーサイト